宝飾品事業


「ル・ディアモン(Le Diamante)」。
“Le Diamante”はフランス語で“ダイヤモンド”。
1982年の七豊物産設立当初より、ダイヤモンドジュエリーをはじめとした宝飾品の企画・製造販売に取り組んでいます。
軽井沢を拠点に、洗練されたデザインの逸品をはじめ、カジュアルからフォーマルまで幅広い商品を提供させていただいております。

 

弊社の宝飾品事業は、循環型社会「Re Life」をテーマとして取り組んでまいります。
その一環として、エコ・リサイクルとして回収させていただいた良質のダイヤモンドのリカットジュエリーを提供してまいりたいと考えております。

時代に合ったデザインを再度加工することで、ダイヤモンドに新たな価値が生まれます。

 

ダイヤモンドは、結晶として築かれるまで数百年もの時間を必要とします。
その結晶が掘り起こされ「宝飾品」という形になっても、「もうつかわない」という理由で「宝飾品」として短命に終わってしまうことが少なくない現状です。
しかし、眠ってしまった宝飾品、言うなれば日本国内に眠る「都市鉱山」の発掘を進めることで、良質のダイヤモンドをはじめ、ルビー、サファイア、エメラルド、翡翠など、人気が高い、高価で貴重な宝石の再生・保護に繋がります。
そしてこの活動は、ダイヤモンドの再生によるセカンドマーケットの拡大への大きな一歩となります。
大切に保管されるのではなく、長くご愛用いただいて、はじめて高価なダイヤモンドジュエリーが生きてくると弊社は考えます。

 

創りっぱなし、売りっぱなしではなく、
地球の環境保護活動に責任を持って向き合っていくために、
私たちは新たな誓いとして、宝飾品事業を通じて「Re-Life」に取り組みます。


企業情報

事業内容

CSRについて

店舗案内

採用情報