社長ご挨拶

私ども七豊物産は、日本だけでなく、世界を豊かにすることを創業の精神として、これまで循環型社会システムの構築という、新しい潮流の先頭に立ち、事業展開してまいりました。
リサイクル事業では、金品を現金化して終わってしまう、従来型の金融ビジネスではなく、金品の売買を起点とした、リサイクルによる循環システムを整備することが、後進国による資源供給のための鉱山開発の抑制などに貢献し、結果として、地球環境保護に繋がるものと考えております。
私たちは、従来のリサイクル事業と呼ばれる枠組みを超え、既存のモノに新たな価値を付け、循環させるミッションのもと、事業展開してまいります。

宝飾品事業では、これからリカットに力を注いでいこうと考えております。デザインが古く、流行によって輝きを失ったダイヤモンドは、私たちの手で新たに加工することで、輝きを取り戻すことができます。ダイヤモンド生産時に発生する温室効果ガス排出軽減への取り組みを通じて、地球環境を守る活動に取り組んでまいります。

また、400年以上の伝統を受け継ぐ着物事業では、着る人・着る時・着る場所にこだわらない、着物文化の裾野拡大に取り組んでまいります。これまでの伝統を守りつつ、様々なアーティストと独自の技術を生かした製品の共作や、シルクロードで結ばれたアジア各国の民族衣装とのコラボレーションなどによって、100年先も、着物が日本の文化であると誇ることができるように、新たなKIMONO文化構築を実現してまいります。

私たちは、これらの新しい挑戦を「Re LIFE」という言葉で表現したいと考えます。 新たな事業を通じ、新たな価値を見出し、最終的には環境を守り、文化を守る。 私たちのかけがえのない子孫たちが、末永くこの地球で暮らすことができること。 そして豊かな生活を創造すること。 それが私たちの目指す「Re-Life」になります。

お客様の満足、地域社会への貢献、環境への配慮。これまで相反する価値だと考えられてきたものを、同時に提供できる企業でありたい、それが七豊物産の望みであり責務だと考えております。

これからも、七豊物産ではお客様のお役に立ち、喜んでいただくことを、私たちの活力として取り組んでまいります。

これからの七豊物産にご期待下さい。

企業情報

事業内容

CSRについて

店舗案内

採用情報